フロアタイルの必要枚数を計算する方法

フロアタイルの必要枚数を計算する方法 フロアタイルを貼る際、必要枚数を計算するにはそれほどの高度な数学知識は要しません。まず基本的な考え方としては、横幅・縦幅の其々に何列のタイル材が貼れるかを計算する事になります。
横幅であれば、部屋の横幅/タイル材の横幅で算出し、小数点を切り上げた枚数となります。計算式を縦幅に変えると、そのまま縦幅計算にも適用出来ます。
そして、横幅の算出枚数×縦幅の算出枚数を計算して出た答えが、そのままフロアタイルの必要枚数の概算と捉える事が出来ます。
実際の貼り付けでは部屋の広さとタイル材の広さの関係で、端をカットする材料が発生する事になります。
切れ端を他の隙間の穴埋めに使えれば良いですが、小さい事も多いのでどうしてもロスになってしまいます。その為、前述の式で計算した枚数以上のタイル材を要するケースが殆どです。
これを加味した場合、実際に必要な枚数は前述の計算の答えに1.1~1.25程度を掛けた枚数となります。少し余裕を持って数を揃えて置く事がポイントとなります。

フロアタイルのリアルな木目感がすごい!

フロアタイルのリアルな木目感がすごい! 塩化ビニールでできたフロアタイルは素材の特性上、色々なデザインを施すことができる上に仕上がりが本物と見比べても違いがわからないほどのリアルさが特徴です。
木目調のフロアタイルを畳の上に敷くと、まるで畳を取り払いリフォームしてフローリングにしたような仕上がりになります。
しかも、木目がしっかりと見受けられるのに木材ではないことから、メンテナンスと維持のためにワックスをかけたりする手間が無いですし、水などをこぼしても神経質になる心配はありません。
そうした取り扱いに注意深くならなくても良い魅力により、つい飲み物や食べ物をこぼしてしまう子供を育てている家庭でものびのびと子育てをすることができます。
これまでも子育て世代に頼もしいフロアマットはありましたが、一般的なスポンジの様相であり実用性が高いものの、親御さんがデザイン性に妥協しなければなりませんでした。
フロアタイルの木目ならインテリアに高い拘りを持っている家庭でも満足感があります。