水回りの床材は水への耐水性に優れた素材を使用しなければなりません。床材は一度選択に失敗してしまうと張り替えるのも大変です。
家具や家財を全て搬出して張り替える作業を行わなければなりませんので、最初の段階で正しい素材を選ぶようにしましょう。
中でもフロアタイルは色々な素材感を忠実に再現してはいますが、基本的に素材は塩化ビニールですので水に強いという特性があります。水に強くてもおしゃれな床材を求める方に向いています。

フロアタイルが水回りにも最適な理由は?

フロアタイルが水回りにも最適な理由は? 床材の選び方としては、まず場所に見合った素材を選ぶことに重点を置かなければなりません。
特に水回りに関しては水に強い素材を選んだり、耐水性の高い素材を選ぶようにしないと水はけが悪くなり、カビなどが発生してしまう可能性があります。
一度床材にカビが発生してしまうと張り替える工事も手間と工期がかかってしまうので、最初の段階でその場所に相応しい素材を選ぶことが肝要になります。
まず、水回りに関しては水をはじく素材を選ばなければなりません。水を吸収してしまう素材は避けるようにしましょう。
その中でもフロアタイルは塩化ビニールで出来ていますので、耐水性では問題ありません。
また、デザイン性も高く、色々なデザインのフロアタイルから好みの商品を探すことが出来るでしょう。

玄関におすすめのフロアタイル

玄関におすすめのフロアタイル フロアタイルとはどんなものかご存じですか。塩ビ素材でできており、塩ビタイルとも呼ばれています。
表面がフローリング調や石目調、アジアン柄などに加工されており、デザインのバリエーションがとても豊富です。
本物と比べてもそん色ない質感が人気の秘訣です。サイズはデザインによって違ってきますが、多くは正方形や長方形と扱いやすい形になっています。
カッターやハサミで簡単にカットできるため、部屋の形に合わせて好きな形状に変化させることができます。
床に設置する際はボンドなどの接着剤を使い、パーツを1つ1つパズルのように敷き詰めていくだけなので、誰でも簡単に敷くことができます。
フロアタイルは表面が硬く加工されており、耐久性に優れているため土足にも対応しているものがほとんどです。
そのため玄関に敷くこともできます。家の顔である玄関を自分の好みにデザインすることができるのは大きなメリットでしょう。
玄関は特に床が汚れやすい場所ですが、フロアタイルなら万が一汚れてしまっても、その1枚のパーツを張り替えることで簡単にきれいにすることができます。
タイルの購入の際に同じデザインのものを少し多めに購入しておくことをおすすめします。

フロアタイル関連情報

各種デザインに応じたエンボスを再現したフロアタイルを販売!

フロアタイル